ちこぼれWebデザイナーの”川那辺”です

「職業は何ですか?」

こう聞かれると「Webデザイナーです。ホームページを作る仕事です。」とお答えしています。



しかし、私自身はWebデザイナーとしては落ちこぼれだと自覚しています。

一般的なWebデザイナーは、最新の技術に置いていかれないように技術力を高め、現在流行のデザインのチェックにも余念がありません。

一方の私は最新の技術を習得しようという気は全くありませんし、現在流行のデザインとやらにも関心がありません。




何年も前のソフトを平気で使っていますし、デザインは古くからあるスタンダードな物しか作れません。



ご覧の通り、Webデザイナーとしては完全に落ちこぼれの私ですから、最新の技術を使いたい、流行のデザインを導入したい、なんて方は今すぐ回れ右して頂くのが賢明です。



しかし、こんな落ちこぼれの私にも強みが無いわけではありません。


いや、落ちこぼれの私だからこそできる「強み」があると自負しております。



器用な私だから、お客様の目線に立てる。

Web系の仕事をしている人は器用な人が多いです。
というか、不器用な人は仕事が向かないと見切りをつけてどんどん他業種へ転職してしまうので、器用な人だけが残るのです。




ドジでのろまな亀な私は、そういう意味では他業種へ転職しているはずの人間でした。
技術の習得に他の人の何倍も時間がかかりました。
Webデザイナーとして初めてアルバイトした会社では上司に「向いていないから他の仕事に就きなさい」と、クビになりました。



ただ、しぶとさだけは人の5倍ありましたので、挫折に挫折を繰り返しWebデザイナーとして最低限の物は作れるレベルにはなりました。



そんなこんなでこの仕事を初めて、とうにもう10年を過ぎてしまいましたが、こんなことを多くのお客さんに言われます。


「川那辺さんは説明が丁寧で分かりやすいね。話が通じて良かったよ」



用な人は、理解できない人の思考が理解できない

器用な人は躓かずに修得しているものですから、理解できない人がなぜ理解できないのかが分からないのです。




器用な人からすると「こんなことすら理解していないのか。」という発想になるため、仕事を依頼する発注者側も、一定のスキルが無ければ話が噛みあわないという事が起きるのです。


Webサイトの制作物に、お客様が100%の理解をする必要はありませんが、かと言って、お客様の理解を完全に放置して先に進んで良い物が作れるわけがありません。




一方、ドジでのろまな亀の私は、挫折を繰り返して、やっとの事で技術を習得しています。
私自身も「理解できない」を経験しているので、お客様の「理解できない」が理解できるのです。



アリング力に自信あり
ここまでの説明でご理解頂いた通り、私はヒアリング力に自信があります。

ホームページ作りは、最初から仕様書の決まった工業製品を作る仕事ではありません。


言うなれば、構想をゼロから立ち上げる注文住宅を作るようなモノです。


どんなに技術力があっても、頼んでもいない物を作られてはお客様もたまったもんじゃありません。


私は、あなたの現状や要望を、しっかり聞きます。


その上で、最善の方法でご希望に沿うものをお作りします。


当たり前の事のようで、なかなかできる人がいないのがこの業界。





「何をどうしたら良いのか分からない。何も決まっていない。」
「ホームページを作るのが初経験で、不安だらけだ。」
「知識が全くないのだが依頼できるのだろうか」



こんな不安を抱えているあなたにこそ、力になりたい思っております。

どんな些細なご相談でも構いませんので、まずは、お問い合わせください。